ドコモ光で使うルーターは無料でレンタルできるプロバイダを選ぶのがオススメ

ドコモ光でもIPv6対応じゃないプロバイダを選ぶと速度が遅くなるので要注意です。

>> IPv6対応で最大1Gbps!速いドコモ光は【GMOとくとくBBのドコモ光】


Pocket

ドコモ光のプロバイダではWiFIルーターを無料で貸し出してくれるところと、貸し出してくれないところがあります。そこまでこだわりがなければ無料貸し出ししてくれるところを選択しましょう。

目次

ドコモ光のインターネット接続設定をする際はルーターの初期設定に特に注意

ドコモ光のインターネット接続設定をする際には、ルーターの初期設定に特に気を付けましょう。ルーターとは複数の端末で光回線を共有できるようにする機器のことで、プロバイダーから提供されるホームゲートウェイと一体型になっていることもあれば別にルーターを用意する必要があるケースもあります。ルーター側の接続設定をしないと複数の端末に対応できなくなるので、初期設定はマニュアルをよく読んで行いましょう。

ドコモ光を使う前にホームゲートウェイの設定について勉強しておく

ドコモ光を使うにはホームゲートウェイと呼ばれる機器を設定する必要があります。ホームゲートウェイはプロバイダーから貸し出され、回線終端装置(ONU)のモデム機能とLANルーター機能がセットになっています。簡単にいうと光回線と直接繋ぐのがモデム機能で、回線を複数に分配するのがルーター機能です。2台以上の機器でドコモ光を使いたいのであれば事前にルーター機能について勉強しておきましょう。

ドコモ光への乗り換えと転用では機器の設定などが異なる

フレッツ光からドコモ光に契約変更することを「転用」といい、これは一般的な契約乗り換えとは少し異なるものとなっています。通常の光回線乗り換えでは工事のやり直しや機器の返却が必要になりますが、フレッツ光とドコモ光は同じ回線を使っているためホームゲートウェイなど一部機器をそのまま使い続けることができます。プロバイダーや速度契約の変更がない場合は接続設定を新たに行う必要もありません。

ドコモ光が有線接続で繋がらない時はケーブルやルーターの確認をする

ドコモ光が有線接続でネットに繋がらない時は、ケーブルとルーターを確認しましょう。LANケーブルは奥までしっかり差し込み、正しく電源が入っているかどうかも改めてチェックします。回線終端装置(ONU)とルーターが一体になったホームゲートウェイを使っているのであれば、IDとパスワードの設定を再確認します。ONUとルーターが別々の場合はルーターを挟まずにネットに繋がるかどうかも試しておきましょう。

ドコモ光のルーター変更や交換は自分で行った方が確実

ドコモ光と契約するとホームゲートウェイを借りることができます。ただし契約内容やプロバイダーによってホームゲートウェイの種類は異なるため、自由に機種を選ぶことはできません。レンタル中の機器交換は故障した場合や契約変更で性能の違う機器が必要になった場合のみ可能で、ルーター機能に不満があるといった理由では交換は認められません。ルーター変更をするなら自分で目的に合った機種を購入してしまう方が確実です。

ドコモ光でモデムとルーター機能を持ったホームゲートウェイが故障した場合は交換してもらえる

ドコモ光を利用するにはモデム機能が搭載されたONU(回線終端装置)が必要です。ドコモ光プロバイダーの多くはモデム機能に加えてルーター機能も一体型にしたホームゲートウェイと呼ばれる機器を無料レンタルしています。このONUやホームゲートウェイはドコモ光の利用には必要不可欠であるため、故障の際には速やかに交換してもらうことができます。ただし無償交換なのか有料になるのかは故障状況によって異なります。

ドコモ光の無線接続で5GHz帯に上手く繋がらない時はルーターや中継機の追加購入も考慮する

ドコモ光の契約時に貸し出されるホームゲートウェイには無線ルーター機能が標準搭載されていることがほとんどです。しかし機種は選べないため場合によっては旧型の機種で無線接続が上手くいかないケースもあります。特に5GHz帯での接続は機器同士の相性や建物の間取りによって繋がりやすさが大きく変わってくるため、自分でルーターや中継機を追加購入した方がストレスのない接続環境が用意できます。

ドコモ光利用中の接続状況についてはルーターのPPPランプで確認できる

ルーター機能のついたホームゲートウェイにはPPPランプというものが付いています。PPPランプはPPPoE方式での接続状況を示すもので、グリーン点灯なら1セッションと接続中、オレンジ点灯なら複数セッションとの接続中、消灯ならインターネット未接続を意味しています。急にドコモ光がネットに繋がらなくなりPPPランプが消灯しているのであれば、まずは機器の再起動を試してみましょう。

ドコモ光を無線で使うならシンプルなGE-ONUではなくルーター搭載のホームゲートウェイを借りる

GE-ONUはフレッツ光やドコモ光などNTT系の光回線で使われるタイプのONU(回線終端装置)です。単にGE-ONUという場合はモデム機能のみ搭載したシンプルな機器を指すことが多く、このタイプには無線や複数接続に必要なルーター機能が備わっていません。別途ルーターを購入しても構いませんが、プロバイダーによってはONUとルーターが一体になったホームゲートウェイを無料で貸してくれるので活用しましょう。

ドコモ光でログインできない事態やネットに接続できない状態になったらIDとパスワードを再入力する

ドコモ光にはドコモの契約IDとパスワードと、プロバイダーから送られる接続用IDとパスワードの両方が必要です。初回の設定時だけでなくホームゲートウェイの再起動などでIDがリセットされてしまった際にも再度入力することになるので必ず控えを取っておきましょう。ドコモのページにログインできない際はドコモ側のIDとパスワード、ネットに接続できない際にはプロバイダー側のIDとパスワードの再入力を試しましょう。

ドコモ光でLINEできないほど回線速度が遅いのであればサポートに相談する

ドコモ光は環境や混雑によって速度が低下することがあります。それ自体は仕様の範囲内ですが、場合によってはまともなネット利用が不可能になるほど極端な速度低下が起こることもあります。たとえば比較的通信データ量が小さく低速モバイル回線でも使えるはずのLINEのようなメッセージアプリまで重くて使えない状態になると明らかに異常ですから、サポート窓口にLINEできない状況を一刻も早く相談した方がいいでしょう。

ドコモ光で普段見ているヤフーなどのサイトに繋がらない場合は他のアクセス状況を確認する

ドコモ光でのネット利用中、普段は問題なく繋がっていたはずのサイトに繋がらないことがあります。そんな時は慌てずに他のサイトでのアクセス状況を確認しましょう。たとえば普段見ていたヤフーのホームページに突然繋がらなくなった場合、ネット自体に繋がらないのかヤフーにだけ繋がらないのかで対処方法が変わります。ヤフーのページにだけ繋がらないのであれば、ページ自体の不具合かブラウザの不調を疑いましょう。

ドコモ光マンションタイプで使用するVDSLモデムでLINE点滅が起こる原因は集合装置にあることが多い

ドコモ光をマンションのVDSL方式で使用する際は専用のモデムが提供されます。VDSLモデムは複数のランプ表示によって稼働状態が一目でわかるようになっていますが、このうち「LINE」ランプが点滅しネットに繋がらない時は建物内の回線集合装置に不具合が発生している可能性が高いと判断できます。漏電や老朽化など原因は様々ですが、個人での解決は難しいため管理人とNTTに連絡をして調査をしてもらいましょう。

ドコモ光利用中にWi-Fiでネットが繋がらない時は原因を切り分けて特定する

ドコモ光にWi-Fiで接続していて突然ネットが繋がらない状態になった時は原因を切り分けて特定していきましょう。まずは使用しているスマホなどデバイス側のWi-Fi設定がオフになっていないか確認してみましょう。また有線でパソコンに接続する環境があるのであれば、光回線とルーターのどちらに問題があるのかを検証することができます。ルーターに原因があるのであれば再起動や再設定を試してみましょう。

ドコモ光のルーターを再起動するには電源を抜いて数分間待つ

ドコモ光で起こる接続トラブルはルーターやホームゲートウェイの再起動で解決することがあります。ルーターやホームゲートウェイを再起動させるためには直接コンセントから電源コードを抜き取ります。そのあと、機器内に残った電力が完全に抜けてリセットされるまで数分間待ちましょう。ここで短時間に電源の抜き差しを繰り返してしまうと意味がないだけでなく故障の原因にもなるので注意が必要です。

ドコモ光の通信が不安定でよく切れる場合は安定しない原因が宅内と外部のどちらにあるのかを調べる

ドコモ光の通信が不安定でよく切れる場合は原因が宅内にあるのか外部にあるのかを調べましょう。無線接続が途切れるのであればWi-Fiの電波が遮蔽物や他の電波の干渉を受けていないか、ルーターの設定や機能に問題はないか確認しましょう。有線接続ではID設定やLANケーブルをチェックします。宅内で可能な調査で原因が判明しないのであれば、ドコモ光のサポートに電話して外部の回線環境を調査してもらいましょう。

ドコモ光をWi-Fi接続で使うにはルーターと無線LANカードが必要

ドコモ光をWi-Fi接続で使うにはONUにルーターと無線LANカードを追加設置する必要があります。ルーターと無線LANカードは自分で購入する以外にも有料レンタルすることができますが、東日本と西日本でレンタル料金が異なる点には注意しましょう。またプロバイダによってはONUと無線LAN機能のついたルーターが一体になった機器を無料レンタルしているところもあります。

ドコモ光でレンタルした無線LANカードは解約時には返却する

ドコモ光ではWi-Fi接続に必要な無線LANカードとルーターを有料でレンタルしてくれます。故障などのトラブルがあった際は無償交換してくれるので機器に詳しくない人には便利なサービスですが、年単位でのレンタル費用は決して無視できない額になります。またレンタルである以上は解約時に必ず無線LANカードとルーターを返却することになるので、別の光回線に乗り換えた際に同じ機器を使い続けることはできません。

ドコモ光用にブロードバンドルーターを用意する時はプロバイダごとのおすすめ対応ルーターを確認する

ドコモ光で使うブロードバンドルーターを自分で用意する際はプロバイダごとの対応ルーター表を参考にしておすすめのルーターを選びましょう。ブロードバンドルーターには標準でファイアウォール機能が備わっていますが、その他の機能については製品ごとに違いがあります。特にIPv6に対応したルーターであるかどうかは重要になってくるので、ルーター選びは値段やデザインだけでなく性能を正しく把握して行うことが大切です。

ドコモ光には公式に推奨されている01ルーターがある

ドコモ光で利用できるルーターの一つにNTTドコモが販売する公式推奨機種「ルーター01」があります。01ルーターはドコモ光に必要な機能を満たした優れた機種ですが、それだけであれば市販の製品やプロバイダごとにレンタルされる機種と極端に差があるわけではありません。01のメリットはキャンペーンやポイントで実質無料で入手できる機会がある点やルーターに詳しくない人でも安心して購入できるといった点になります。

ドコモ光でホームルーターという場合はルーター01を意味することが多い

ホームルーターという用語は通常、家庭用の高速モバイル回線ルーターを指して使われるのが一般的です。しかしドコモ光ではNTTドコモが販売している「ルーター01」を、家庭でドコモ光を使うのに最適なルーターであるとしてホームルーターと呼ぶことがあります。ドコモ光のような固定の光回線があればルーター自体にモバイル回線契約は必要ないので、両者を混合しないように気をつけましょう。

GMOではドコモ光の契約に合わせて無線LANルーターを無料レンタルできる

ドコモ光のプロバイダのなかには無線LANルーターやルーター一体型ホームゲートウェイを無料レンタルしているところがあります。代表的なのはGMOの「GMOとくとくBB」サービスです。GMOのルーターレンタルは無料なだけでなく機種を数種類から選ぶことができるため、自宅の環境に応じたルーターを設置することが可能となります。またどの機種もv6プラスに対応しているのは大きなポイントです。

ドコモ光のレンタルモデムは正式にはONUやホームゲートウェイと呼ばれる

ドコモ光と契約するとONUやホームゲートウェイと呼ばれる機器がレンタル提供されます。これはダイヤルアップ接続やADSLで使われていたレンタルモデムの光回線版だと思っておけば大丈夫です。ONUはモデムと同じように信号を変換する装置で、複数の機器に回線を接続するには別途ルーター機能が必要になります。ホームゲートウェイはONUとルーター、そしてIP電話に対応する機能がワンセットになった機器となります。

ドコモ光では基本的に故障以外でのONU交換はできない

ドコモ光でレンタル提供されるONUは基本的にユーザー側で機種を選ぶことはできません。交換に関しても故障時のみの対応となっています。プロバイダによっては契約時に無線LANルーター一体型のONUやホームゲートウェイを複数の機種から選べる場合があるので、それを考慮したプロバイダ選びを行うのが重要です。契約後にどうしてもONUを交換したい時にも一旦解約して別の契約をするのが一番の近道となります。

ドコモ光ルーターのWi-Fi電波が弱くても中継器を使えばカバーできる

ドコモ光をWi-Fiで接続しても、家の間取りや家具の配置によっては電波が必要な場所まで上手く届かないことがあります。そんな時は中継器の利用を検討してみましょう。中継器には様々なタイプがありますが、簡単に使えるのはコンセントに差しておくだけでWi-Fiの範囲を拡大してくれる製品です。宅内の電波の死角をカバーするようにルーターと中継器を設置すれば更に快適に無線接続を使えるようになります。

ドコモ光プロバイダの一部で利用可能なv6プラスとはIPv6を従来の接続でも使えるようにする仕組み

ドコモ光プロバイダの一部ではv6プラスというサービスが提供されています。v6プラスとは従来のIPv4での接続をIPv6と同等の快適さに変換する仕組みとなっています。現在IPv4での接続はアドレスの枯渇により混雑が絶えず、速度低下の大きな原因の一つとなっています。そのためアドレスが潤沢なIPv6への移行が急がれており、特にv6プラスは効率的にIPv6に移行できる方式として積極的に採用が進んでいます。

ドコモ光プロバイダでv6プラスを使うには対応するルーターが必要

ドコモ光プロバイダで提供されているv6プラスのサービスですが、利用するためにはルーターがv6プラス方式に対応している必要あります。ドコモが販売するルーター01やv6プラスを提供するプロバイダがレンタルするルーター機能付きホームゲートウェイはv6プラスに対応していますが、ONUのみをレンタルしてルーターは自分で購入した場合などは必ずルーターのv6プラス対応状況を調べておきましょう。

ドコモ光をIPv6方式で利用するとVDSL環境でも速度が改善する可能性がある

ドコモ光ではv6プラスなどを利用することでIPv6環境を実現し、従来のIPv4接続で起こっていた混雑を回避した通信を行うことができるようになります。これによって大元の光回線が高速化されることで集合住宅でのVDSL環境も改善される可能性があります。あくまでVDSLの速度上限内での改善であり効果が確約されるものでもありませんが、一桁台だったMbpsが二桁台になる程度の効果は十分に期待できます。

ドコモ光OCNではv6アルファというサービスでIPv6接続ができる

ドコモ光プロバイダの一つであるOCNでは「v6アルファ」サービスを利用することでIPv6での接続が可能となります。v6アルファは他のプロバイダでのv6プラスとほぼ同じものですが、専用ルーターをレンタルする必要がある点が異なります。対応ルーターを調べる手間がかからないともいえますが自由度は下がるので気をつけましょう。OCNでは他にもv6アルファのセットプランや専用アプリの提供なども行われています。

ドコモ光で使われるONUとは光回線においてモデムの役割を果たす装置

ドコモ光などの光回線通信を利用するにはONU(回線終端装置)という機器で光ファイバーと宅内の端末とを接続します。ONUはアナログ回線におけるモデムとほぼ同じ機能を果たすため、便宜上ONUをモデムと呼んだりONUがモデム機能を持つといった表現をする場合があります。ただしONUは光信号をデジタル信号に、モデムはアナログ信号をデジタル信号に変換するものであるため互換性はありません。

ドコモ光で利用可能なホームゲートウェイの種類はプロバイダによって異なる

ドコモ光のプロバイダと契約するとONUやホームゲートウェイと呼ばれる機器をレンタルすることになります。このうちホームゲートウェイはONUとルーター、そして光でんわサービスに対応した機能を併せ持った機器になります。そのため光でんわに加入した場合はホームゲートウェイをレンタルすることになりますが、プロバイダによって用意されるホームゲートウェイの種類は異なり選択不可のケースも多くなっています。

ドコモ光の利用時はルーターのブリッジモード設定を理解しておく

ドコモ光などの光回線で使うルーターにはブリッジモードが用意されています。ブリッジモードとはルーター機能をオフにして無線と有線のハブ機能のみを使えるようにするモードです。一つのONUの下で複数のルーター機能が動いていると二重ルーターという状態になります。二重ルーター状態は不具合の原因となるので、たとえばONUにルーター機能がセットになっていた場合は他のルーターをブリッジモードに変更しましょう。

ドコモ光でのポート開放はIPv6利用時には更に難しくなるので注意

ポート開放とは外部ネットワークと自由な通信をするためにルーター設定を変更することです。主にセキュリティに関わる重要な設定を変更するので、詳しい知識のない人は安易に手を出すべきではありません。またv6プラスなどでIPv6接続を可能としているとポート開放は更に難しくなります。IPv4でのポート開放と同じ手順では不可能で、かなり複雑な準備をする必要があるため通常はポート開放を考えない方がいいでしょう。

ドコモ光とバッファロー製品を組み合わせる際は念のため対応状況を確認する

バッファローは日本を代表するパソコン周辺機器メーカーです。ドコモ光とバッファローは共に国内ユーザー数が非常に多いので組み合わせて使っている人もそれだけ多く存在しています。そのため互いに対応も早く相性は良いといえますが、製品を導入する前には念のため公式サイトやパッケージを参考にドコモ光への対応状況を確認しておきましょう。たとえば古めの機種であると一部の機能に対応していないことはあり得ます。

ドコモ光の利用者もドコモのネットワーク暗証番号は必ず控えておく

ドコモではサービスを利用する際のユーザー確認にネットワーク暗証番号が必要になります。ネットワーク暗証番号は主に携帯電話のドコモ回線契約やdアカウントを使用する時に重要になりますが、ドコモ光のみのユーザーにとっても利用機会は存在します。ドコモのモバイル契約と光回線契約を組み合わせず、日常的にdアカウントを使用していない人はネットワーク暗証番号の存在を忘れがちになるので控えは必ず取っておきましょう。

ドコモ光の速度とは関係なくVDSL方式での最大速度は100Mbpsに制限される

ドコモ光の下り最大速度は1Gbpsですが、集合住宅のVDSL方式で利用した場合は電話回線の制限から最大速度は100Mbpsとなってしまいます。実測値では様々な影響によって10Mbpsを下回る速度しか出ないことも珍しくありません。VDSL環境で少しでも速度を上げたいのであれば、プロバイダ選びを慎重に行いましょう。特にv6プラスで光回線の混雑を緩和できれば最終的な速度も速くなる可能性があります。

ドコモ光では基本的にVPNサービスは法人向けとなる

VPNとはインターネットの一部に仮想的な専用網を構築する技術とサービスのことです。主に個人や組織内で機密性の高い情報を通信する際に利用されます。VPN接続には特殊な設定と設備が必要になるため、基本的にサービスとしては法人向けに展開されています。ドコモ光においても法人利用が前提となっていますが、実際にどのような運用が可能であるかはプロバイダによって対応が異なるため事前によく調べましょう。

ドコモ光のv6プラスはルーター次第でPPPoE接続でしか繋げないPS4でも使える

PS4はIPv4形式によるPPPoE接続にしか対応していません。ただしドコモ光のv6プラスなど「IPv4 over IPv6」接続であれば普段はIPv6で高速にネットを使い、ゲームプレイ時はIPv4(PPPoE)に切り替えて遊ぶことが可能になります。ルーターに自動切り替えの機能があれば通常は問題ありませんが、状況によってはルーターやPS4本体のPPPoE接続設定を手動で行う必要があります。

ドコモ光での通信を最適化したいならMTU値もチェックしておく

MTUとはデータの箱(パケット)のサイズを示す値です。MTU値が大きいほど一度に運べる情報量が増えますが、送受信の設定が適切でないとパケットロスの原因になります。通常のネット利用時にはほとんど意識する必要はありませんが、僅かなラグも気になるネットゲームを遊ぶ際にはMTU設定の最適化を試してみましょう。ドコモ光など環境ごとにMTU値は異なるのでそれに合わせた最適化をすることが大切です。

ドコモ光の利用中にエラー651と表示される場合はケーブル類やルーターを確認する

ドコモ光の利用中エラー651が表示されインターネット接続ができない時は、まずケーブル類やルーターの確認をしましょう。一番多いのはLANケーブルがしっかり差さっていない、あるいはケーブル自体が破損しているといったトラブルです。また、ONUとルーターが分かれているのであればルーターを介さずにONUとパソコンを繋げてみましょう。問題なくネットに繋がるのであれば問題はルーターにあると判断できます。

フレッツ光回線をIPv6化する「zoot native」はドコモ光など光コラボ回線でも利用できる

インターリンク社が提供する「zoot native」はフレッツ光系の光回線でIPv6接続を使えるようにするサービスです。ドコモ光などの光コラボ回線も含めNTTフレッツ光系であればプロバイダを問わずIPv6が利用可能になります。v6プラスはプロバイダが未対応だと使えないため、契約プロバイダを変えずにIPv6を利用したい場合には非常に有効な選択肢となります。ただし有料である点には注意しましょう。

ドコモ光をWi-Fiで使う際には2.4GHz帯と5GHz帯の違いを意識する

ドコモ光をWi-Fi接続で使う際には2.4GHz帯と5GHz帯の違いについて知っておきましょう。2.4GHzは遠くまで繋がりやすい反面で電子レンジなど他の電波の干渉を受けやすく、最大速度も低くなっています。5GHzは障害物に弱い代わりに電波干渉に強く最大速度も速くなります。ドコモ光の下り最大速度1Gbpsを生かすのであれば基本的に5GHz帯で接続するようにした方がいいでしょう。

ドコモ光で3Mbps程度の速度しか出なかったとしても動画サイト視聴などは可能

ドコモ光は下り最大速度1Gbpsを理想値としていますが、実測値は様々な要因によりそれよりも低速になります。一般的に200Mbps以上あれば十分に高速、100Mbps前後でも許容範囲内と考えましょう。一方で10Mbps以下にまでなるとADSLよりも遅いため原因の特定と改善は急務となります。とはいえ通常のネット利用においては3Mbps以上あれば動画サイトを標準画質で見る程度は可能です。

ドコモ光のブロードバンド接続は自分の環境に応じたインターネット接続設定を調べて行う

ドコモ光の開通工事が終わると最初のブロードバンド接続設定を行うことになります。設定内容は契約や自身の環境によって変わってくるため、それに応じたインターネット接続の方法をあらかじめ調べておきましょう。もっともシンプルなのはONUとパソコンを直接有線LANケーブルで繋ぎ、IDとパスワードを入力する方法です。無線接続や複数の機器を使いたい場合はそれにルーターの設置と設定が加わると覚えておきましょう。

ドコモ光との接続方法には有線LAN接続と無線LAN接続がある

ドコモ光でインターネットとパソコンなどを接続する方法には有線と無線とがあります。有線接続にはLANケーブルを使います。使用するLANケーブルは光回線の速度に対応したCAT5e以降の規格のものを選びましょう。無線LAN接続にはルーターと無線LANカードが必要になりますが、プロバイダからレンタルした機器が無線LAN機能付きONUやホームゲートウェイであれば別途ルーターを購入する必要はありません。

ドコモ光の伝送技術はGE-PONと呼ばれ下り最大速度は1Gbps

ドコモ光などNTTフレッツ光系列の光回線で使われている技術は「GE-PON」と呼ばれています。国際的には「G-PON」という下り最大速度2Gbpsの規格の方が標準ですが、これは国内ではNURO光が取り扱っています。GE-PONはG-PONと比べると下り最大速度が1Gbpsと劣るものの、設備が安価でシンプルであるため一般に光回線の普及を進めやすいというメリットがあります。

ドコモ光とパソコンを接続する際はルーターの有無で初期設定が異なる

ドコモ光とパソコンを接続する際はパソコン1台のみを接続するのかルーターを利用して複数の機器を接続するのかで初期設定が異なります。パソコン1台であればONUとパソコンをLANケーブルで直接繋ぎ、「ネットワークとインターネット」設定画面からプロバイダのIDとパスワードを入力するだけです。ルーターを使う場合は別途ルーターごとのマニュアルに従いましょう。無線Wi-Fi接続にもルーターが必要になります。

ドコモ光を集合住宅のLAN配線方式で使うと最大速度は100Mbpsになる

ドコモ光の集合住宅用の配線方式は3種類あります。そのうちドコモ光本来の速度を出せるのは光配線方式のみです。VDSL方式とLAN配線方式では最大速度は十分の一の100Mbpsとなります。特にLAN方式は宅内でのLANケーブル使用とは意味合いが異なる点に注意が必要です。建物のLAN配線設備が最大100Mbps以上に対応していない限り、宅内で使うLANケーブルの規格を上げても意味はありません。

ドコモ光のルーター接続設定は通常パソコンで行うがスマートフォンでも可能

ドコモ光をWi-Fi接続で使えるようにするには無線LANルーターの設定が必要です。ルーター設定をパソコンで行う場合は付属しているCD-ROMやマニュアルに従えばIDとパスワードを入力する以外の難しい作業は必要ありません。また、基本的にはパソコン利用が推奨されますがスマートフォンのみでもルーターの初期設定は可能です。Wi-Fi接続設定のあとブラウザを開くと各種設定入力に進むことができます。

ドコモ光でのワイヤレス環境を整えるならルーターは自分で選んで購入する

ドコモ光回線であればパソコンやスマホだけでなく、スマート家電やゲーム機などあらゆるネット接続機器をワイヤレスで繋げることも可能になります。そういったワイヤレス環境を整えるのであればルーター性能にはこだわりましょう。プロバイダから無料レンタルされる機種ではWi-Fiの届きが悪い場合もあるので、複数アンテナを備え広範囲に電波を送ることができる機種を選ぶのがおすすめです。

ドコモ光では複数のプロバイダを使い分けるマルチセッションが利用可能だが設定は自己責任

マルチセッションとは主に一つの回線で複数のプロバイダ通信を使い分けることを意味しています。これによって同じ宅内で回線の用途を分割することが可能になります。ただし当然プロバイダ契約料は二重払いとなり、対応するルーターの用意も必須となります。加えてドコモ光などマルチセッションが利用できる回線であっても具体的な設定内容はルーターや契約プロバイダごとに変わるため、最後は自己責任での運用となるでしょう。

ドコモ光のWi-Fiを使うにはルーターが必要で速度や繋がりやすさもルーターの性能次第

ドコモ光のWi-Fiを使うにはルーターが必要です。プロバイダからレンタルした接続機器が無線LANルーター機能付きであればそれだけでWi-Fiが利用可能になりますが、速度や繋がりやすさに関してはルーターの性能が重要になるためレンタル機器では満足のいかない結果になる可能性もあります。ドコモ光のWi-Fiで最大速度を引き出すには1Gbps以上の無線LAN速度に対応した機種を選びましょう。

ドコモ光とポケットWi-Fiはまったく違うものなのでポケットルーターの契約には注意

ドコモ光のような光回線は自宅に直接光ファイバーを引き通信を使い放題にするものです。この回線は物理的に動かせないため固定回線とも呼ばれます。一方モバイル回線はポケットルーターで持ち運びができますが通信には制限がかかります。ポケットWi-Fiなどと呼ばれるサービスはモバイル回線を固定回線に近い感覚で使えるようにするものですが、光回線とは根本的に異なるので契約は両者の違いをよく理解して行いましょう。

ドコモ光でWi-Fiを使うのに必要なのはモバイルルーターではなく無線LANルーター

ドコモ光でWi-Fiを使うのに必要なのは無線LANルーターです。同じルーターでもモバイルルーターは用途がまったく違うものなので注意しましょう。特にショップでドコモ光の契約手続きをする際に、よくわからないままモバイルルーターの契約を追加で付けられるトラブルには細心の注意を払う必要があります。Wi-Fiやルーターといった用語は詳しい人であっても混乱するものなので、油断しないことが大切です。

ドコモ光とフレッツ光の違いは契約する相手と料金などのサービス体系

ドコモ光とフレッツ光の回線自体は同じものです。NTTが整備した光回線網と接続するサービスのことをフレッツと呼び、NTT東日本・西日本と直接契約を結べばフレッツ光となります。フレッツは光コラボレーションという仕組みで同じNTTグループのドコモや他の事業者にも貸し出されており、ドコモと契約を結ぶとドコモ光となります。そして光コラボ事業者は互いに料金や追加サービスを競い合い市場に活気を与えています。

ドコモ光をそのまま外でも使えるようにはできないのでフリーWi-Fiなどを利用する

ドコモ光は契約した場所でのみ利用可能な固定回線です。無線LANルーターでWi-Fi接続ができるのもルーターの電波が届く範囲だけとなります。ドコモ光のWi-Fiに近い速度の無線通信を外でも使えるようにするには高速のモバイル回線契約を別に結ぶ必要が出てきます。しかし街中に設置されているフリーWi-Fiスポットを上手く利用すれば、ドコモ光とまではいかなくとも十分に快適なWi-Fi通信は可能です。

ドコモ光のWi-Fiルーターレンタル料は少し複雑なので購入するか無料のプロバイダを使う方がいい

ドコモ光のルーターレンタル料はプロバイダにより異なります。通常は無料レンタルできるのは有線ルーターのみで無線Wi-Fiルーターは有料です。また東日本と西日本で月額料金が違ったりWi-Fiルーター本体と無線LANカードのレンタルは別になるなど少し複雑な点があります。料金計算を簡単にするなら最初にルーターを購入してしまうか、無線ルーターセットも無料でレンタルしているプロバイダを利用しましょう。

ドコモ光で無料ルーターをレンタルする際は高性能なルーターを貸してくれるプロバイダを選ぶ

ドコモ光では数多くのプロバイダから好きなところを選ぶことができます。そのプロバイダ選びにおいて、無料ルーターのレンタルを行なっているかどうかは大きな決め手になります。更に同じ無料レンタルであっても、より高性能なルーターを貸してくれるプロバイダを選ぶのがおすすめです。一つの目安としてはIPv6通信が使えるv6プラス対応モデルのルーターを無料レンタルしているプロバイダを探しましょう。

ドコモ光で使う無線ルーターはレンタル品でも十分だが最新のWi-Fiルーターを購入する手もある

ドコモ光のプロバイダ各社が提供するレンタル無線ルーターは、どの機種であっても光回線の速度に十分対応した性能を持っています。しかしWi-Fi接続の利便性はWi-Fiルーターが新しいほど増すのも事実です。たとえば通信速度を限界まで高めたい場合や、複数の機器をより安定した回線状態で接続したい場合にはやはりレンタル品ではなく最新機種を自分で購入した方が満足度は高くなるでしょう。

ドコモ光で複数の機器をWi-Fi接続する際はメッシュWi-Fiを使うとより安定する

ドコモ光に複数の機器で同時にWi-Fi接続すると速度が低下することがあります。これを避けるにはメッシュWi-Fiの導入が有効です。メッシュWi-Fiはルーター本体とそのサテライト機を一緒に設置することで網目(メッシュ)状にWi-Fiを構築する機器です。簡単にいえば2台以上をセットで使い負荷を分散することができるルーターとなります。家庭用の機種ならそこまで高額ではないので調べてみましょう。

ドコモ光の法人サービスには手厚いサポートが付いた「ドコモ光ビジネスWi-Fi」がある

ドコモ光の法人向けサービスには「ドコモ光ビジネスWi-Fi」があります。ビジネスWi-Fiは業務用の接続と来店した客などが行うゲスト接続を同じアクセスポイントで分けられるようになっています。これにより客にアクセスポイントを解放しながら業務用の通信を行うといった運用が可能になります。またプランによって料金とサービス内容は一部異なりますが、ドコモによる365日の電話サポートが保証されています。

  ドコモユーザーならスマホ料金も割り引かれるのがデカイよね。

>> 【ドコモ光】お申込みからご利用開始までの流れ

ドコモ光をおすすめできる人の条件とは?

ドコモ光をおすすめできるユーザーはスマホをドコモにしている人です。逆にドコモ以外を使っている方はドコモ光にあえてする理由はありません。ドコモユーザーにとっては唯一の割引が効く光回線になります。

また、ドコモ光の特徴としてたくさんのプロバイダから選ばないといけないのですが、プロバイダはGMOとくとくBB一択です。理由を書いておきます。

 

1.v6プラスに対応しているプロバイダ


プロバイダを選ぶにあたり、v6プラスに対応しているかどうかは非常に重要になってきます。車でいうと高速道路のようなイメージで混雑している時間帯でも別の広い道で進む事ができるので体感としてもかなり早く感じます。

 

2.ドコモ光のプロバイダの料金プランで安い方のグループ


タイプAとタイプBというグループに分かれていますが、月額で200円変わります。価格が高いからと言って特に変わる事はありませんので当然安いグループの方が良いでしょう。

 

3.キャッシュバック金額が一番高い(2020年9月現在)


キャッシュバックをしていないプロバイダもあるなか、GMOとくとくBBは20,000円のキャッシュバックを実施しています。

 

4.無料のセキュリティソフトが24ヶ月分付いてくる


セキュリティソフトはほとんどのプロバイダがつけてくれていますが、GMOとくとくBBは24ヶ月分無料で付いてきます。

 

5.WiFiルーターが無料でレンタルできる


WiFiルーターも無料で貸し出ししてくれないプロバイダが半分くらいあります。

GMOとくとくBBのドコモ光の公式サイトはこちらをクリック

SNSでもご購読できます。